水 飲み方

先日は「水を飲むことで得られるメリット」を紹介しました。

水を意識して飲み続けるメリット

今日は、水を飲み続ける上での注意点や水の飲み方などをまとめたので紹介していきます!


○飲料水について

継続して飲み続けるなら、どのような水が良いか?

やはり市販のペットボトル水が良いのか?水道水ではダメなのか?

結論を言うなら、飲み続けるなら「浄水器」でろ過した水が最も良いとされています。


市販のペットボトル水でももちろん問題はありません。(プラスチックの容器が良くないと提唱する学者も中にはいるようですが)

しかし、それだとコストがかかる上に、買い物が負担になります。

1日2リットル以上飲み続けるのなら、毎月2000円~3000円はかかります。

そして、それを数日おきに購入しに行くのは、行く手間と運ぶ手間を考えると、かなりの重労働になることと思います。


2796455a4fcb6ea16a6cc56e9ffce64b_s.jpg


水道水の場合だと、水の中に殺菌用の塩素が含まれているので、こちらもあまりオススメできません。

飲んでももちろん身体に害はないようですが、なにより美味しくはないですよね?

喉が渇いた状態でコップ1杯程度ならゴクゴク飲むこともできますが、そうでない時に塩素入りの変な味がする水を飲み続けるのは苦痛です。

それに何より、塩素を摂取し続けると、体内で「トリハロメタン」という発がん性物質が構成されやすい、という問題もあります。

もちろん、国が定めた安全基準内での塩素含有量に収まっているので、それがきっかけで発病することはほぼないと思いますが、やはり、そうだと知ったらおいそれとは飲めなくなります。

塩素自体は煮沸消毒を施せば減少させることができますが、毎日2リットルをわざわざ沸騰させる手間です。


6fd885fcaa033793d14d52166cba7f5a_s.jpg


これらのことより、毎日2リットル以上を飲み続けるなら、浄水器を利用した水を飲み続けるのが最も現実的です。

家庭用浄水器だと、低コストで導入でき、不純物も除去できるから手軽に安心して飲むことができます。

ペットボトルなどの不燃ごみもでないので環境にも優しいです。



○飲むタイミング

1日2リットルを飲むといっても、一度に2リットルを全部飲むのははっきり言ってキツイですよね?胃袋がチャポチャポになって気分が悪くなりそうです。。。

そこで、数回に分けて飲むことをオススメします。

・起床直後

就寝している間というのは、約コップ1杯分もの発汗量があるそうです。

そのため、起床直後というのは、自覚症状がなくても、軽い脱水症状にあるので、まずはそこで水分補給をしましょう。


d43bfd8653a6760af57bd044a0e7dfaa_s.jpg


・運動時

運動して身体を動かすと、当然汗をかきます。

そこで水分を著しく消費するので、運動をする前、最中、運動後にしっかりとこまめに水分補給をします。


・入浴時

入浴中は運動時と同じくらい汗をかきます。

長風呂で水分が不足し、心筋梗塞や脳梗塞も起こす場合があるそうなので、入浴前後にはしっかりと水分補給をしましょう。


・就寝前

就寝中にコップ1杯分もの汗をかくのなら、就寝中は当然水分が不足しています。

それが原因で、就寝中は心筋梗塞や脳梗塞の発症率が高いそうです。

就寝前にも、コップ1杯程度の水くらいは飲んでおきましょう。



○注意点

水分補給という名目で、お茶やコーヒーを大量に摂取している人がいます。

しかし、それらには「利尿作用」があり、尿が余計に出やすくなります。

すると水分がなおさら失われ、水分補給どころか水分不足の状態に陥りますので、飲むのならちゃんとした「水」にしておくべきです!


314de1aae863675f958702afe854bbe4_s.jpg


また、食事中に水を飲みすぎるのもよくないようです。

食事中に水を大量に摂取すると、胃酸が希薄になり、胃の中の食物が消化しにくくなって消化不良を起こす原因になります。

ダイエット効果を望む方が「食前」に水を飲むのは仕方がないにしても、食事中の水分補給は胃に負担がかかるので控えたほうが無難です。



人が1日で摂取すべき水の量が2~2.5リットルとされています。

しかし、ただ漠然と飲もうとしても長続きはしません。

しっかり意識して、生活に習慣づけていくことが大切なようです。

もしも、今現在、身体に不調がでていたり、肌トラブルを起こしているなら、それは水の摂取量が足りないからかもしれません。


9f0fb5168b0c267ba4bca9482d5f1ed7_s.jpg


摂取した水が、体外に排出されるまで約1ヶ月かかると言われています。

つまり、仮に毎日約2リットルの水を飲み続けても、体内の水分が新しい物に切り替わるまで約1か月かかるということです。

それまでは先日紹介したメリットなどの効果はでにくいと思われます。


そのため、効果を求めるなら、

・浄水器の水を

・1日約2リットル

・毎日飲み続けて

・1ヶ月以上継続させる

ことが重要になってきます。

最初は少し辛いかもしれませんが、なんとか習慣にして、正しい水分補給を行い、健康維持をしていきましょう!!





かかる費用は895円の月額レンタル費用のみ!
買うよりお得!浄水器レンタルシステム